賢く買うためのコツ

安いPCはスペックを確認

安く手軽にパソコンが欲しい、そんな方には新品よりも圧倒的に安く購入できる中古パソコンがお勧めなのですが、購入の際、新品を購入する時には必要のない注意点があります。もし、その注意を怠ると、パソコンを買ったのに使えない、かといって返品もできないなど、安くて手軽とは程遠い状況に陥ってしまうこともあるのです。その注意点とは一体どういったものなのでしょうか。詳しく見ていきます。
中古のパソコンはどれも同じようなものだと思っている方はいないでしょうか。実は中古パソコンは一つ一つ違うと言っても良く、しっかり吟味して購入する必要があります。例えば、陳列されている中に一際安いパソコンがあったとします。そういったパソコンは、実はジャンク品として売られていて、電源を入れても動かないパーツ取り用のという場合もあるのです。
もしそういったパソコンをよく見ないで購入すれば、ジャンク品は返品できないことも多いですからその分のお金は無駄になってしまいます。中古のパソコンを選ぶときにはこういったことに注意しておくべきでしょう。他にある注意点として、中には非常に低スペックなパソコンもあるということが挙げられます。中古パソコン市場には現在主流のオフィスソフトも立ち上げられないほど低性能なパソコンも中には紛れ込んでいます。安すぎるパソコンには注意しつつ、しっかりとスペックを確認しておくことが大切と言えるでしょう。

中古ならではの優位性

パソコンを購入する際の選択肢は二つ、新品か中古かですが、どちらを選べばよいのでしょうか。購入には費用的な問題もありますが、そういったことを抜きにしても中古のパソコンがおすすめです。新品の方が補償もありますし、そっちのほうが全面的に良いと考える方も多いかもしれませんが、では一体なぜ中古のほうがおすすめなのでしょうか。その理由について解説していきます。
中古のパソコンとして売られているのはもちろん、何世代前かの型落ちパソコンなのですが、型落ちだからと言って実は最新式と大差があるわけではないのです。例えば、計算処理の要であるCPUを見てみても、ここ数年間ほどは飛躍的な進化は遂げておらずマルチコアかされた程度で、性能面でさほどの差はないのです。そうであっても2割、あるいは5割ほど安くパソコンが購入できるのですから、中古のパソコンがおすすめされない理由がありません。
もう一つのお勧めのポイントは、その商品についての情報がネット上ですでに出回っていることです。例えば、何か不具合があった場合などでもネットで検索すれば新品のパソコンよりも情報が多くヒットしますから、問題を解消しやすいですし、パーツを交換したいという場合でもどのようなパーツが対応しているのか調べやすいというメリットもあります。新品には新品なりのメリットがありますが、中古にも新品にはない多くのメリットを持っているのです。